2018年 7月 21日 (土)

中央公論 「休刊」を報じた選択出版社に抗議

印刷

   中央公論新社は2008年9月22日、月刊誌「中央公論」について事実無根の記事を掲載したとして、月刊誌「選択」を発行する選択出版社に記事の取り消しを求める抗議書を送ったことを明らかにした。

   選択9月号では、「読売新聞グループ全体で雑誌媒体の見直しを進めていて、その中で『中央公論』も対象になるのは必至」「読売首脳からも休刊を主張する声が出ているという」などと紹介している。これに対し、中央公論新社では、中央公論の休刊は検討しておらず、読売内部からも休刊を主張する声はないとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中