2018年 7月 23日 (月)

東国原知事 「小泉元総理の引退、ちょっとずるい」

印刷

   宮崎県知事の東国原英夫さんは2008年9月25日のブログで、今季限りで政界を退くことになった小泉純一郎元総理について、コメントしている。

   「小泉元総理がついに引退された。ちょっとずるい感じがする」。というのは、「引き際がちょっとカッコイイからだ」という。

   東国原さんは、小泉元総理の政策について評価しているようだ。規制緩和、構造改革を提案、景気浮上のきっかけを作ったのが小泉元総理。

   一方で、格差が拡大されたこと、地方では、都市部の好景気の恩恵にあずかることができなかったなどの問題をはらむ。だが、東国原さんは「国民に元気と希望を与えたことは事実である」と強調している。

「(小泉)氏は、確実に歴史に残る。この引退によって、後世に語り継がれる政治家になった。氏の映像はいつまでも残るだろう。人々の記憶にも残るだろう」

   東国原さんは、小泉元総理の引退で一つの時代が終わり、新たな時代が始まることを予感しているようだ。今後、日本はどうなるのか。東国原さんは、政治学上、国民のレベルに見合ったリーダーしか生まれない、と指摘。そのためにも、「我々国民が自らのレベルを上げるしかない」と、決意を新たにしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中