フルキャストが再び事業停止へ 処分期間中に派遣業務

印刷

   厚生労働省は、日雇い派遣大手のフルキャストに対し、事業停止処分の期間中に派遣業務を行っていたとして、2008年10月にも同社に2度目の事業停止命令を出す方針を固めた、と08年9月29日の新聞各紙が報じた。フルキャストは報道を受け、08年9月29日にコメントを発表。それによれば、事業停止期間である07年8月10日~9月9日のあいだ、全国121拠点、計961件の労働派遣を行ったとして、東京労働局から事業停止命令1か月、事業改善命令の処分が予定されている、との通達を受けたという。同社によれば、08年10月1日までに弁明書を提出し、その後処分が決定するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中