元若ノ鵬、「八百長」相手を暴露 名指しされた側は否定

印刷

   大麻問題で日本相撲協会を解雇された元若ノ鵬のガグロエフ・ソスラン・アレキサンドロヴィッチ氏(20)が、「週刊現代」2008年10月18日号(首都圏では10月6日発売)に掲載のインタビューで、現役大関の琴欧洲(25)、十両春日錦(33)と八百長を行ったと発言した。名指しされた両力士は10月5日、報道陣の取材に対して八百長を全面否定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中