イオン閉鎖店舗 「ジャスコ」「サティ」など60店に拡大か

印刷

   小売り大手イオンは2008年10月6日、主力の総合スーパーの08~09年度の閉鎖店舗数を、従来の計画より5割増しの60店規模に拡大する方針を固めたと、10月7日付の朝日新聞が報じた。

   記事によると、東北や西日本の「ジャスコ」「サティ」が対象となる見込みで、閉鎖する店はほぼ決まっている。売り場面積が5000~6000平方メートルの中規模店で、老朽化が進んで顧客層に合う品ぞろえが不十分な店が対象だ。イオン広報担当は、「事実無根です。40店閉鎖することはすでに決まっていますが、それ以上増やすということはありません」と否定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中