2018年 7月 19日 (木)

東京・中央区の買い物券 半日で1億1000万円分売り切れる

印刷

   東京都中央区が2008年10月19日、1割お得な買い物券を発売したところ、1億1000万円分が半日で売り切れた。同区では、地域経済の活性化のため、2000年度から毎年6月に買い物券を販売している。08年度は、原油高による経済低迷を打開しようと、6月に続いて追加販売した。

   この買い物券は、1冊1万円で、500円券22枚つづり1万1000円分が入っている。百貨店や大型スーパー以外の1300店ほどの中小小売店で使うことができる。買い物券販売額のうち1000万円は区が負担。使用期限は09年2月までとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中