2018年 7月 21日 (土)

12道府県で不正経理 横領の疑いも浮上

印刷

   国庫補助金事業で、会計検査院が12道府県を調査したところ、すべてで不正経理が発見されたことが2008年10月18日までに明らかになった。北海道、青森、岩手、福島、栃木、群馬、長野、岐阜、愛知、和歌山、京都、大分の12道府県で総額は約5億5千万円。不正経理の総額が最も多かったのは愛知県で、不正額は5年間で1億3000万円に上った。同県では、不正経理のほかに2001~03年度の文房具などの購入費約300万円も使途不明になっており、横領の疑いが強いとして警察が捜査を進めているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中