「選挙より景気」63% 日経世論調査

印刷

   日本経済新聞社とテレビ東京が行った世論調査で、景気対策と衆院解散・総選挙のどちらを優先すべきかを聞いたところ、「景気対策」を挙げた人が63%に上り、「解散・総選挙」の29%を大きく引き離した。また、麻生内閣の支持率は48%となり、内閣発足直後の2008年9月の調査から5ポイント低下。不支持率は3ポイント上昇し、43%になった。世論調査は08年10月24~26日に実施した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中