2018年 7月 16日 (月)

外国人留学生にも「定額給付金」 「血税の使い道違う」とネットで怒り

印刷

   「定額給付金」について、総務省は算定の基準日を2009年2月1日にすることを08年12月20日に決めたが、ネット上では、就労目的で在留する外国人や留学生が支給対象に含まれていることに、大きな反発が起こっている。つまり、日本は不況が深刻化し、派遣切りで家まで失う日本人が大量に出ている中、外国人留学生らに支給するのは「血税の使い道が違うのではないか」、という理屈だ。

日本人で困っている人がたくさんいるのになぜ?

   総務省の発表によれば給付金がもらえるのは、09年2月1日時点で住民基本台帳に記録されている人と、外国人登録原票に登録されている人。外国人の場合、永住者、日本人の配偶者、就労目的で在留する外国人、留学や研修など非就労目的で在留する人に支給される、となっている。例えば、09年1月末に来日し外国人登録した人でも給付金がもらえるわけだ。ネット上では、なぜ日本人で困っている人がたくさんいるのに、留学生や日本に来て間もない外国人就労者に「血税」を払うのかと、疑問や怒りが渦巻いている。

   ブログや掲示板を検索すると、

「給付金たって、結局『日本人』の血税と国債借金だろ?」
「景気浮揚というが、この円高のご時世に 母国の通貨に変えられるのがオチ」

などという批判の声が上がり、巨大掲示板「2ちゃんねる」でも「祭り」になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中