堀江元ライブドア社長が勝訴 講談社に400万円賠償命令

印刷

   堀江貴文元ライブドア社長(36)が、違法な賭博をしていたとする「週刊現代」の記事で名誉を傷付けられたとして、発行元の講談社などに5000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が2008年12月24日、東京地裁であった。広谷章雄裁判長 は、「違法な賭博をしていたことを裏付ける証拠はない」として、講談社側に400万円の支払いを命じた。

   週刊現代は06年9月16日号の記事で、堀江元社長が東京都内のホテルで行われた違法な賭博に参加していたと報じていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中