2019年 9月 24日 (火)

「脳トレで記憶力アップ無理」 仏国教授調査の中身

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大ヒットゲームソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」。このソフトをプレイしても記憶力の向上に全く役立たない――こんな海外の報道があり、ネット上で話題になっている。

記憶力に関する回答率は17 %低下

「Nintendo brain-trainer 'no better than pencil and paper'【ニンテンドーDSを使った脳トレは『鉛筆と紙』と同程度だ】」

   こんな見出しで記事を配信したのは、イギリスのTimes Online(09年1月26日付)。記事によれば、フランスのレンヌ大学に所属する認知心理学のAlain Lieury教授の調査によると、「脳トレ」は記憶力を強化するといわれるゲームでありながら、記憶力に関しては全く効果がないというのだ。

   実験によれば、67人の10歳児を4つのグループに分け、2つのグループにはニンテンドーDSを使った記憶力コースをプレイさせた。もう一つのグループには紙と鉛筆を使ったパズルを課し、最後の一つのグループには通常通りの授業参加とした。ソフトには、「Big Brain Academy(『やわらか頭塾』)」と「Brain Training(『脳を鍛える大人のDSトレーニング』)」を使い、期間を7週間とした。

   この実験の前後に、子供たちはロジックテストや言葉の暗記、計算などのテストを受けさせた。その結果、記憶力に関する問題の回答率は「DSグループ」は17 %低下してしまい、「紙と鉛筆グループ」では33% 向上したという。また、論理テストでは、「DSグループ」「紙と鉛筆グループ」が10 %の向上を示したのに対して、「学校に行ったグループ」は20 %の向上だった。そして、Alain Lieury教授はこう結論づけた。

「能力改善の可能性が高い10歳の子供たちで改善が見られないならば、大人が試しても同じことだ」

   とはいえ、いささか暴論じみているこの見方に対して、ネット上でも疑問が噴出している。ネット掲示板2ちゃんねるでも、

「まだ記憶力が衰えていない子供でテストして意味あるんだろうか?」
「子どもは元々の反射神経が高いから、目立つ効果がなくて当たり前じゃね」
「トレーニングをやらせるのにDSはツールとしては優秀なのも事実」

   などと、実験自体に疑問視する向きがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中