GDPマイナス12.7%、35年ぶりの減少率 08年10-12月期

印刷

   内閣府が2009年2月16日に発表した08年10-12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比3.3%減少し、年率換算でマイナス12.7%となった。3四半期連続の減少で、減少率では第1次オイルショックの1974年1-3月期の年率13.1%減に次ぐ急激な落ち込みとなった。

   これまで「牽引役」だった輸出が前期比13.9%減の落ち込みで、過去最大の減少幅となったことが大きく響いた。個人消費や設備投資も大きく減らし、日本経済は「外需」を中心に総崩れの状態になった。

   与謝野馨・経済財政担当相は、16日午前の記者会見で「戦後最大の経済危機」との認識を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中