小泉元首相、給付金再議決を欠席へ

印刷

   小泉純一郎元首相は2009年2月18日、訪問先のモスクワ市内で記者会見し、定額給付金の法案を再議決する衆議院本会議が開かれても欠席する考えを明らかにした。

   小泉元首相は、麻生太郎首相が郵政民営化見直しに言及したことを批判。「首相は今の自民党の議席がどういう過程で得られたのか理解していないのではないか。参院と意見が異なった場合に3分の2を使ってでも成立させることに若干異論がある」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中