パイロット、工場の建替計画を一部凍結

印刷

   パイロットコーポレーションは2009年2月16日、工場の建替を一部凍結すると発表した。現在進行中の神奈川県平塚工場の建替計画のうち、2棟のうちの1つの「第二工場」を凍結。これにより、設備投資額(総工費)は49億円から39億円となる見込みだ。同社は「国内外の経営環境が急激に悪化したことに対処するため」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中