脳にスイッチオン 「朝カレー」流行の兆し

印刷

   カレーといえば、昼や夜に食べるメニューというイメージが強かった。しかし最近は少し違う。朝、カレーを食べる人が増えているようなのだ。関東の食卓では「朝カレー率」が2割ほどアップした。脳の活性化につながるという研究もあることから、特に受験期を迎える中学生の間で「朝カレー」の人気が高まっているらしい。

受験の朝のメニューは「カレー」が一番!?

朝、カレーを食べる人が増えている
朝、カレーを食べる人が増えている
「やはり、受験日の朝は、カレーですね」

   テレビの情報番組でもおなじみの家庭料理研究家・奥薗壽子さんは2009年2月1日、ホームページの日記でそう記した。息子の入試当日の朝、何を食べさせるべきか。迷ったあげく、カレーに決めたのだ。

   前日の晩にうす切り肉と野菜(ジャガイモ、ニンジン、タマネギ)をフライパンでさっと炒めて土鍋に移し、水を入れて加熱する。沸騰したら弱火で5分だけ煮て、火を止める。あとは余熱で野菜も肉もとろりと柔らかくなるので、翌朝、ルーを入れて温め直せば出来上がりだ。

「スパイスの薬効って あまりぐつぐつ煮込むと、揮発してしまうので 朝、さっと煮る これで、ベストの状態のカレーができるというわけです」

   奥薗さんが「受験の日は朝カレー」と決めたのは、東洋医学の専門家である丁宗鐵医師の著書『「カレーを食べる」と病気はよくなる』を読んだのがきっかけだった。そこでは、カレーのスパイスの薬効のおかげで体のスイッチがオンになり、脳も活性化されるという「朝カレー」のメリットが紹介されていたのだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中