2022年 5月 19日 (木)

脳にスイッチオン 「朝カレー」流行の兆し

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

mixiに「朝カレー部」登場、Youtubeには「朝カレーの歌」

   日本薬科大学教授で、東京・日本橋のクリニックを経営する丁医師は、カレーのスパイスと漢方の生薬に共通点があることに注目し、カレーが脳や体に及ぼす影響を研究してきた。カレーを摂取すると脳内の血流が2~4%増え、脳の「情報処理」を担当する部分の働きが活発になる――そのような実験データを得た丁医師は、

「カレーを食べると脳が活性化されるので、仕事や勉強の前にカレーを口にするのは理にかなっている。特に、午前中から頭をフル回転させる必要がある受験生にはぴったり」

と、朝カレーを食べることを推奨してきた。そんな薦めもあって、奥薗さんのような朝カレー派がじわじわ増えている。

   首都圏の家庭の食卓情報を解析するNTTデータライフスケープマーケティングの「食MAP」によると、2008年(1~9月分)にカレーが朝食に登場した頻度は前年よりも17%多かった。特に中学生の間で人気が上昇中で、高校受験真っ盛りとなる2月には前年比260%アップという大きな伸びを示した。

   SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトのmixiでは、「朝カレー部」という名前のコミュニティが立ち上がり、朝カレーを実践している人たちが情報交換を始めた。動画サイトYoutubeには「朝カレーの歌」が登場。ギター片手に「♪朝からカレーを食う彼(かれ~) 食欲なくても食えるだろう♪」と楽しそうに歌う男性の動画がアップされた。

   さらには、「朝カレー」という名のレトルトカレーまで出現した。忙しい朝にふさわしく、温めないでご飯にそのままかけるだけで食べられるのが特徴だ。

   では、朝カレーを食べるときのポイントは何かあるだろうか。丁医師にたずねると、次のような答えが返ってきた。

「できれば野菜をたっぷり入れて栄養のバランスをとることを薦めたいですね。そこまで余裕がない場合でも、ショウガやシソの葉をきざんで入れたり、大根おろしを合わせたりといったワンポイントの工夫をすることで、風邪や花粉症の予防に役立てることができます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中