日立製作所、 ワークシェアリングで賃下げへ

印刷

   日立製作所は2009年3月4日までに、ワークシェアリングを4月から1年間、全社員4万人に導入することで賃金を引き下げる考えを労働組合側に伝えた。

   景気悪化で09年3月期に過去最大の7000億円の赤字になる見通しから、大幅に人件費を削ることにした。その結果、デジタル家電と自動車関連機器のセクションで5%、そのほかで3%賃金を引き下げる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中