高速道路料金値下げ 道路渋滞に観光地早くも不安の声

印刷

   ETC搭載の普通車両が2009年3月末から、土日祝日は都市圏を除く高速道路を1000円で通行できることになり、観光地では客足の伸びが期待されている。しかし、一方で「周辺道路の渋滞がひどくなるのでは」との心配も相次いでいる。

警備員を増やし、駐車場への誘導を行う

   観光地ではいち早く渋滞対策を打ち出したところもある。たとえば、長野県伊那市。ここは1500本以上ものタカトオコヒガンサクラが咲き乱れる、有名な桜の名所だ。

   伊那市では09年4月4日から5月の大型連休ごろまで、「高遠城址(たかとおじょうし)公園さくら祭り」を開催する。08年の来場者は29万人だったが、今年は高速道路値引きサービスもあるからと、例年以上の集客を期待している。

   ただ、「さくら祭り」では市内の道路が大混雑する。とりわけ今年は客足の増加を見込んでいるため、市内では昨年の30人を超える警備員を増やし、駐車場への誘導を行う。

   同市の観光協会は、

「多いときには市内から伊那のインター付近まで混雑したことがあった。市内に入ると田舎道で狭いですから、早め早めの対策をとりたい」

と話している。

   また、栃木県那須塩原市の商業施設「那須ガーデンアウトレット」。08年7月のオープン時には、駐車場に入ろうと一部の道路が大渋滞したことがあった。同施設の駐車場数は3000台。5月の大型連休時にも渋滞が予想される。

   担当者は、今回の割引サービスで「お客さまが朝から来店するのか、那須・塩原地域からの帰りに立ち寄るか、来客数はどれくらいか、まだまだ予測がつかない」という。ただし、駐車場に入りきらない混雑が続いた場合は、次のような対策をとる可能性があると話す。

「オープン時と同様、那須塩原駅前に2000台規模の駐車場を借りて、シャトルバスで送迎します。また、施設の半径1キロメートル以内の場所に駐車場を借りて対応したい」

   そして、同施設から高速道路を利用して帰る際には、最も近い黒磯板室IC(09年3月29日開通予定)ばかりが混雑しないよう、隣接の西那須野塩原ICや那須ICへと分散して誘導したい考えだ。施設内では、帰宅時のルートを示した「お帰りマップ」も配布しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中