2019年 5月 20日 (月)

出会い系サイト規制法の余波 コミュ大量削除で「ミクシィの危機」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   出会い系サイト規制法の改正で、ミクシィが「出会い」コミュニティを多数削除して利用者に戸惑いが広がっている。どんな飲み会やオフ会なら、面識のない異性との出会い目的に当たらないのか、基準が分からないからだ。法改正はSNSと出会い系を明確に分けるのに役立つとされたが、逆にSNSらしさを奪っているのか。

「面識のない異性との出会い」に抵触

「出会い」検索した結果の一部
「出会い」検索した結果の一部
「コミュニティサイトから出会いの要素を取っ払ったら何が残るんでしょう・・・」
「ただの飲みオフのコミュも削除対象になるんだったら・・・ カラオケとかもダメなのか?w」

   ミクシィの日記では、ここ数日で「出会い」をキーワードにしたコミュニティが大量に削除されたとして、こんな戸惑いの声が広がっている。

   確かに、「出会い」で検索すると、メンバー数の「0」が表示されたコミュニティがたくさん引っかかってくる。これまでは聞かれなかったようなことで、明らかに削除された跡だ。ただ、2009年3月19日時点で、削除されていないコミュニティもある程度みられる。モデルとカメラマン、社長同士、ダーツ仲間などが出会う目的のものだ。

   いったい何があったのか。

   ミクシィの広報担当者は、削除の理由として、改正出会い系サイト規制法が08年12月1日に施行されたことを挙げる。それに伴って、同10日に利用規約に新たな項目を付け加えた。第14条の禁止事項の(7)にある「面識のない異性との性交、わいせつな行為、出会い等を主な目的として利用する行為」だ。削除されたものの多くが、「面識のない異性との出会い」に抵触したらしい。

   改正規制法は、出会い系サイト業者に対し、公安委員会への届け出や、18歳未満でないことを証明する免許証やクレジットカード確認を義務づけた。それによって、これまであいまいだったSNS業者との違いを明確化するとともに、SNS側も出会い系にならないようにしなければならなくなった。ミクシィでは、その結果、「出会い系」に通じるコミュニティや日記に対し、警告したうえで削除することにしたとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中