2019年 3月 26日 (火)

大人になって罹るおたふく風邪 「寝られず泣く」ほどの痛み

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「おたふく風邪」といえば子どもがかかる代表的な感染症のひとつだ。だがこの病気、大人になってから罹る人も多いようで、しかも症状は「子どもより重症になる」という例も少なくない。

腫れが喉を塞ぐと窒息して死んでしまうことも

   個人の人気ブログニュースサイト「HiroIro.com」の更新が2009年3月21日から1週間停止した。管理人のHiroさんは28日、「35才おたふく。そして入院へ…」というタイトルで、長女から「おたふく風邪」をうつされていたことを告白。「寝られず泣く」ほどの痛みで入院し、医師に「耳の下の腫れが喉を塞ぐと窒息して死んでしまうこともある」「これ以上腫れたら首を切開して管を通す」と言われたという。幸い手術をしなくて済んだようだが、2歳のとき以来、人生2回目の「おたふく風邪」で、「大人になってからのおたふくは相当キツイです」と明かしている。

   「破裂しそうなほど腫れて痛かった」と話すのは、1週間前まで「おたふく風邪」にかかっていたという30代の女性だ。子どもから伝染したそうで、歯から耳まで「とにかく一日中痛かった」という。「すごく腫れて、口が開かなくなり物が噛めないほど。痛み止めも6時間で切れるし、ひりひりと痛かった。人前に出られないのも辛い」とその苦しみを語る。また、医師には「大人は通常子どもの倍くらい回復にかかるのが通常」と言われたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中