山梨の健康科学大、不正経理を謝罪

印刷

   文部科学省から使途不明金を指摘されている健康科学大学(山梨県河口湖町)を運営する学校法人は2009年4月9日、設立時に不適切な会計処理があったことを明らかにし、陳謝した。同大では、設立認可に必要な50億円を寄付金でまかなっていたとしていたが、そのうち9億円が借入金だったことが明らかになった。文科省の規定では、借入金を財源に算入することを禁じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中