2018年 7月 22日 (日)

「臓器移植法改正」求め 遺族らが嘆願書提出

印刷

   臓器移植を国内で受けられず子どもを亡くした遺族らが2009年4月9日、脳死の子どもからの臓器提供が可能になるように臓器移植法の改正を求める嘆願書を国会へ提出した。嘆願書には約3万7000人分の署名が添えられており、遺族らは「命の問題。最優先で決議してほしい」などと訴えた。現在の臓器移植法では、本人の書面による意思表示が臓器提供の条件とされているが、15歳未満の書面による意思表示は法律上有効でないとされているため、臓器提供ができない状態が続いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中