国外退去処分のカルデロン夫妻、長女を残し比国へ

印刷

   不法滞在で国外退去処分を受けた埼玉県蕨市のカルデロン・アランさん(36)とサラさん(38)夫妻が2009年4月13日、フィリピンに向けて出国した。長女の中学2年生のり子さん(13)は日本に残されることになり、この日は両親を成田空港で見送った。

   カルデロン一家は、在留特別許可を求めていたが、日本生まれののり子さんだけに3月16日、許可が出されていた。今後、のり子さんの世話は、サラさんの妹がすることになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中