塩野義製薬、インフルエンザ治療薬の承認申請へ

印刷

   塩野義製薬が開発したインフルエンザ治療薬が、2010年内にも厚生労働省へ承認申請し販売することがわかった。新薬の名前は「ペラミビル」で注射剤。感染から48時間以上が過ぎた後の投与でも効果が期待でき、毒性が強い鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」にも効果があったという。国内では第一三共も開発を進めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中