トヨタ、富士スピードウェイF1撤退を検討

印刷

   トヨタ自動車は「富士スピードウェイ」(静岡県)でのF1日本グランプリから撤退することを検討している、と2009年5月28日付の朝日新聞が報じた。世界的な不況で自動車が売れず、急速に経営が悪化している。運用費用の負担が大きいことや、交通アクセスが悪く、開催時に大規模な渋滞が生じるなどの問題もある、という。一方、トヨタの広報担当者はJ-castニュースの取材に対して「さまざまなことを検討している」と回答しただけだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中