「小学5年ぐらいで援助交際」 産科医語る驚愕のSEX事情

印刷

   小中学生が買春などに関わっていた事件が分かり、教育関係者にショックが広がっている。ところが、都内のある産婦人科医は、小中学生のセックス事情は教師が知らないほど進んでいる、というのだ。

クラミジアなどの性行為感染症を繰り返す

「今の小学生は、ほんと凄いよ~」

   産婦人科医の赤枝恒雄さんが中学生に聞くと、こう驚くのだそうだ。

   赤枝さんが院長をしている赤枝六本木診療所。夏休みなどが明けた後は、外来の3割ほどが10代の患者になる。

「小学校5年ぐらいで援助交際していた女の子がいたんですよ。タレントの追っかけをしていましたが、いつもパンツが汚れていて、クラミジアなどの性行為感染症を繰り返していました」

   この少女が来院するたび、赤枝さんは、「もうセックスは止めろ」と忠告した。しかし、少女は、その数を減らしたものの、懲りずに繰り返した。その後しばらく、赤枝さんは、少女の姿を見ていない。

   小中学生が援交をしていたという事件が、明るみに出た。神奈川県警が2009年6月24日、無届けの出会い系サイトを摘発。その中で、横浜市内の中学2年生男子が6万円で13歳少女を買春したほか、小学6年生女子がサイトで援交を希望していたことが分かったのだ。

   しかし、赤枝さんは、援助交際は小学5年生ぐらいまで広がっていると言う。

「中学生が驚くくらいだから、性体験は、低年齢化しているということですよ。女子中学生までになると、もう積極的です。この間、高1の男の子と来た中2の子は、膝を使って男の子の股間をこすっていました。男の子は、『性病怖いとこいつに教えて下さい』と笑っていましたよ。いい男の子だったから、よかったんですけどね」

   赤枝さんは、あきれたような様子で、こんな話を明かした。

   7年前からコンドームを使うよう勧めていることから、10代の中絶だけは減ってきているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中