2021年 1月 18日 (月)

「ガンダム記念撮影」260万円 34歳落札者はどんな人物か

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京お台場に建てられた実物大「機動戦士ガンダム」の肩の位置で記念撮影ができる権利を260万1000円で落札したのは美濃部達宏さん(34)だった。撮影会は2009年8月1日に行われたが、落札者はいったいどんな人物なのか。

「車を買っても、人生の思い出にならない」

美濃部さんは『ガンダム』の撮影の様子をブログで綴っている
美濃部さんは『ガンダム』の撮影の様子をブログで綴っている

   ガンダム像の肩で記念撮影ができる権利は「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の実行委員会が2016年の東京オリンピック招致キャンペーンの一環として出品した。落札代金は、同実行委員会を通じて東京オリンピック・パラリンピック招致委員会に寄付される。

   落札した美濃部さんは千葉県松戸市生まれ。獨協大学在学中にフジテレビ・バラエティプランナー大賞に入賞し放送作家の道に進んだ。現在は「うたばん」や「アッコにおまかせ」などの人気番組に多数関わっている売れっ子作家だ。「ヤフー!オークション」に出品された「ガンダム」との撮影権利を落札した際、年下のディレクターから、

「どうして車を買わなかったんですか?」

と尋ねられたという。美濃部さんは、

「車を買っても、人生の思い出にならないけど、ガンダムと写真を撮ったら一生の思い出に残るでしょ」

と答えた。

   根っからの「ガンダム」ファンだが、フィギュアやプラモデルなどは一体も持っていない。その理由は、ガンダムはこんなに小さくない、と思っていたからだ。お台場に建てられた実物大「ガンダム」はまさに夢の実現だった。

「好きなガンダムで人生の思い出を作りたい」

   落札価格は当初、150万円程度と睨んでいた。

   しかし、オークションは200万円になり、250万円を超えた。最終的に260万1000円で止まった時にはホッとした。150万円でも予算ぎりぎりなのに、300万円を超えても競りを止めない可能性があったからだ。我に返ったときに高すぎたのではないか、と最初は悔やむ気持ちがあった。いざ撮影イベントが始まると、「高い買い物ではなかった」と変わっていった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中