2019年 4月 21日 (日)

酒井法子「不起訴」報道に 「起訴すべきだ」の大合唱

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   覚せい剤所持の容疑で逮捕された酒井法子容疑者(38)をめぐり「検出量が微妙なので起訴は困難なのではないか」との見方が広がる中、「起訴すべきだ」との声の大合唱になりつつある。スポーツ紙は、酒井容疑者がかつてかかわったキャンペーンの標語をもじって「『逃げ得』ダメ!ゼッタイ!!」という見出しがついたものもあり、テレビでも「起訴できる」という専門家の声が相次いでいる。

「『逃げ得』ダメ!ゼッタイ!」「立件へ政府『介入』」

   酒井容疑者が所持していた覚せい剤の量が微量過ぎるとして、起訴が困難なのではないかという報道が相次いだのは、2009年8月11日のことだ。ところが翌8月12日のスポーツ紙紙面を見ると、様相が一変。「『逃げ得』許すまじ」と言わんばかりの報道一色だ。

   例えば、8月11日には、

「有名タレントの事件でもありましたし、 国民の関心も非常に高いものがございます 若い方々が、その(薬物関連の)方向に入っていくことがあってはならない」(河村建夫官房長官)
「非常に世間にも大きな影響がある。これまでにも薬物乱用防止教室などを開いてきたが、より徹底してやる必要がある」(塩谷立文科相)

などと、閣僚が相次いで事件について言及。これを受けて、スポーツニッポンは

「立件へ政府『介入』」

という見出しを付けた。また、デイリースポーツは、「『逃げ得』ダメ!ゼッタイ!」として、酒井容疑者の毛髪鑑定に向けて準備が進んでいることを報じている。鑑定には本人の同意が必要だが、仮に慢性的に覚せい剤を使用していた場合、最後に使用してから2週間程度であれば検出が可能だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中