沖縄県、「インフルエンザ流行発生警報」を発令

印刷

   国内で初めて新型インフルエンザによる死者が出た沖縄県は、「インフルエンザ流行発生警報」を2009年8月19日に発令した。8月10~16日に58の定点医療機関で確認されたインフルエンザ患者は1717人で、1定点当たりの患者数が警報発令基準である30に達した。また19日までに13歳と11歳の女児、1歳の男児の3人が重症となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中