大手企業の76%がネット広告利用 民間調べ

印刷

   調査会社のインプレスR&Dは2009年9月1日、企業のインターネット広告の利用状況をまとめた結果を発表した。それによると、大手広告主のうち76%がネット広告を出稿したことがあるのに対し、中小広告主は17%にとどまった。同社は「従業員規模が大きいほど利用率が高くなる傾向がみられる」と分析している。詳細については、同社から9月10日に発売される「ネット広告白書2010」に掲載されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中