麻生首相「イヤミ会見」2分間 記者とのやりとり一部始終

印刷

   衆院選で惨敗を喫した麻生太郎首相が、選挙後初めて官邸で「ぶら下がり取材」に応じた。これまでも、機嫌が悪いと記者に「逆質問」する場面が見られたが、今回は記者の質問に対して「ああ、ウラ取ってるわけね。普段取らずに書いてるけど」とイヤミを言ったりするなど、新首相の首班指名を直前に控えて、これまでになく険悪な雰囲気が漂う会見となった。

「普段(ウラ)取らずに書いてるけど。取ろうという心掛けが大切」

   「ぶら下がり」は、通常であれば1日2回行われることになっているが、選挙後は休止状態が続いていた。内閣記者会の再三の要望に応じて、2009年9月2日夜、選挙後初めての「ぶら下がり」が実現したもの。18時53分から55分までの2分間行われたのだが、終始、これまでになく不機嫌な様子。2分間を振り返ってみると、こんな具合だ。

   冒頭、女性記者が

「総理、衆院選お疲れ様でした」

と切り出すと、麻生首相は黙って小さく一礼。続いて、

「質問に入りますけれども、今日、民主党の岡田幹事長が官邸に申し入れに来ましたけれども、スムーズな政権移行に向けて、総理は具体的にどのような指示を出されているのでしょうか」

と、政権移行の進捗について記者が質問する。麻生首相は

「官房長官に(同じ内容の)質問があったんじゃないですか」

と、答えたくない様子。記者が

「あの、総理が出された指示ですので、直接お伺いしたいのですけど…」

と食い下がると、麻生首相は

「スムーズに移行できるように、なるべく協力するように。各省庁に連絡するように。話しましたよ。その通り官房長官、言わなかった?」

と、「逆質問」。記者が「おっしゃってますけれども…」と答えると、

「ああ、ウラ取ってるわけね。ああ、そうかね。ああ。記者としてまともですよ。ウラ取ろうという心掛けは。普段取らずに書いてるけど。取ろうという心掛けが大切」

とイヤミを言った直後、秘書官から「はい、終わりまーす」との声が飛び、麻生首相も「終わります」と帰ろうとした。

   それを別の記者が「総理、総理、総理!」と引き留め、「あのー、もう1問」と、自民党の総裁選について話を聞こうとすると、麻生首相はさらに不機嫌さを増した。記者が

「(自民)党の総裁としてお伺いしたいのですが、今度の特別国会で…」

と質問しているのを遮る形で、麻生首相は

「党の総裁として答えることはありません。ここは内閣総理大臣に対しての質問だけにして下さい」

と回答拒否。記者が「いや、でも、これまでも答えてらっしゃいますけれども…」と食い下がると、

「それは、努力しただけ。今、答える必要はない。首班指名に関する質問? それに対して答えることはありません」

と突き放した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中