2021年 6月 20日 (日)

押尾元被告、再び逮捕へ 法廷証言はデタラメだった?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   俳優の押尾学元被告(31)が合成麻薬MDMAを使用し一緒にいた女性が死亡した事件で、警視庁は2009年12月4日、同被告がこの女性にMDMAを渡したとして麻薬取締法違反(譲渡)の疑いで逮捕状を取った。押尾元被告は「薬は女性からもらった」と法廷で証言していたが、逮捕事実どおりならば、証言はデタラメだったことになる。

   押尾元被告は8月3日に東京都港区のマンションでMDMAを使ったとして麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕・起訴され、懲役1年6月、執行猶予5年の有罪判決が確定している。今回新たに「譲渡」容疑で逮捕状が出たと、各紙が報じた。

法廷で「女性が薬をもってきた」と証言

   事件現場で使われたMDMAは、押尾元被告と女性のどちらが用意したものなのか。押尾元被告は「女性だ」と主張してきたが、警視庁が入手ルートを捜査したところ、同被告が入手して女性に渡した疑いが強まったという。

   産経新聞サイトに掲載された「法廷ライブ」には、10月23日の初公判での押尾元被告の証言が記録されている。「MDMAは自分で持ってきたのですか」という弁護人の質問に対して、押尾元被告は

「違います」

と回答。「誰が持ってきたのですか」と尋ねられると、

「相手の女性です」

と答えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中