広島市長、夏季五輪「単独開催」の可能性も検討

印刷

   日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は2009年12月25日、2020年夏季五輪の招致を検討している広島市の秋葉忠利市長と長崎市の田上富久市長に、五輪憲章が定める「1都市開催」のルールに反すると通告した。広島市によると、秋葉市長は会議後の会見で「単独開催の可能性もある」との考えを示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中