2020年 4月 2日 (木)

コピー用紙無料サービス 企業の利用急速に広がる

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   このご時世、会社の経費は少しでも抑えたい。そこで、コピー用紙の裏面に広告を付ける代わりに、無料でコピー用紙が受け取れるサービスが登場し、話題を集めている。

   無料オフィスADペーパー「とくぺぱ」という名称で2009年5月、コピー機の販売やレンタルを手がけている「シャープドキュメント21ヨシダ」(宮城県仙台市)が始めた。

「紙にも何か付加価値があれば」

   無料で配布できるのは、コピー紙の裏面に広告が入るからだ。印刷と発送は同社がやっている。コピー用紙を受け取りたい企業はネットを通じて登録するだけで、毎月1回配送される。上限は社内で通常利用する紙のうち10%程度で、配送料もかからない。1セット400枚入りで8種類の広告があるが、広告量が少ない場合、受け取れる量が減ることもある。

   これまでにも似たような仕組みはあった。たとえば、大学生向けの無料コピーサービス「タダコピ」はコピー用紙の裏面を広告にすることでコピー代無料を実現した。だが、企業に対して無料でコピー用紙を配布するのは珍しい。なぜサービスがはじまったのか――。実は、同社営業マンの実体験が出発点だった。

「弊社は本業でコピー機の販売やレンタル、メンテナンスを行っておりますが最近は、営業をかける際に困っていることがありました。新規の法人営業が難しいのです。とくに飛び込み営業ではセキュリティ強化で会社の中にさえ入れない。どうしたら受付を突破できるか、と」

   目を付けたのが商売道具のコピー機だった。同社ではコピー用紙も販売しているが、多く売っても利益になりにくい。紙にも何か付加価値があればと考え出したのが、コピー用紙の裏面利用というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中