日テレが記者ら死亡事故で謝罪 「判断甘かった」

印刷

   ヘリ墜落現場を取材中の日本テレビ記者ら2人が死亡した事故で、同社幹部は、2010年8月1日の記者会見で、「結果として判断が甘かった」と謝罪した。

   この事故では、埼玉県警が、危険だとして取材自粛を要請していた。それにも関わらず、2人はガイドと別れて山に戻っていた。これについては、事前の打ち合わせとは違う行動だったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中