2018年 7月 19日 (木)

7月の消費者態度指数 7か月ぶりに悪化

印刷

   内閣府が2010年8月12日に発表した7月の消費動向調査によると、消費者態度指数(一般世帯)は前月に比べて0.2ポイント低下して43.3となり、7か月ぶりに悪化した。内閣府は、消費者マインドの基調判断を「改善に向けた動きがみられる」に据え置いた。

   「雇用環境」は前月比0.4ポイント改善して41.8となったが、「暮らし向き」は同0.4ポイント低下して43.2、「収入の増え方」は0.1ポイント低下の41.5、「耐久消費財の買い時判断」が同0.5ポイント低下して46.7と、3つの意識指標で低下した。

   また、単身者世帯では同0.2ポイント低下して43.6。総世帯でも同0.2ポイント低下して43.4となった。

   なお、1年後の物価の見通しに関する調査では、一般世帯の34.8%が「変わらない」と答え、最も多かった。次に、「(2%未満)上昇する」が23.8%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中