2018年 7月 20日 (金)

「iPad」で銀行員の営業支援 日立と京都銀行共同開発

印刷

   融資先にもiPad持参で――。日立製作所と京都銀行は、米アップルの多機能情報端末「iPad」で銀行員の営業活動を支援するシステムを共同で開発した。

   営業担当者は融資先を訪問している最中に、会社にいる上司に向けて融資先の情報をiPad経由で送るなどして確認作業ができる。また日立によると、iPadに必要データを入れることで、紙の書類を持ち運ばずにすむうえコスト削減につながる。万一iPadを落としても、情報が漏えいしない仕組みも施した。持ち運びやすさや、顧客に対して資料を見せる際の見やすさの点でも、iPadの優れた特色を生かせるという。

   京都銀行では、2010年11月から一部の店舗でこのシステムをスタートさせる予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中