2020年 4月 6日 (月)

JRが首都圏で「青森新幹線」CM 三浦春馬が「新米駅員」好演

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東北新幹線が八戸駅から新青森駅まで開業するのを前に、地元・青森県では、東京へのアクセスが大幅に改善されるとの期待感が高まっている。青森の魅力を首都圏の消費者に伝えようという試みも目白押しで、観光客の大幅な増加を見込んで、青森県内で人気のCMシリーズが首都圏でも放送されることになった。

   JR東日本は2010年9月7日、12月4日に開業する新青森駅発着の東北新幹線ダイヤを発表した。

東京-青森の所要時間最短で約3時間20分に

CMでは、三浦さん演じる新米駅員は「トーキョー」のあだ名で呼ばれている
CMでは、三浦さん演じる新米駅員は「トーキョー」のあだ名で呼ばれている

   東京と新青森を1日15往復し、最速3時間20分で結ぶ。現時点では、八戸駅で新幹線と在来線を乗り継いだ場合、東京-青森の所要時間は最短でも約4時間。今回の延伸で、片道あたり約40分短縮されることになる。

   地元の期待感は高く、9月21日に発表された10年度の基準地価でも、青森県七戸町の工業地が2年連続で1.4%の上昇。全国の工業地では唯一の上昇で、開業予定の七戸十和田駅が近いことが影響しているものとみられる。

   JR東日本では、「新幹線いつからだべ?」「12月です」といった車掌と乗客のやり取りが印象的なCMのシリーズを10年6月から青森県内から放映。青森県内での認知度も本格的に高まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中