日本政府、60年代に核兵器保有を検討 NHK報道

印刷

   日本政府が1960年代後半に核兵器保有を極秘で検討していたことが分かる機密資料を入手したと、NHKが2010年10月3日に報じた。

   ドイツで見つかった西ドイツ外務省の機密資料で、それによると、1969年2月に箱根の旅館などで、当時の西ドイツとの間で核保有についての秘密の外交協議を行っていたことが記されている。この5年前に中国が核実験に成功し、アジアで初めての核保有国になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中