自民・谷垣氏、ビデオ流出の保安官擁護を批判

印刷

   自民党の谷垣禎一総裁は2010年11月14日、さいたま市で講演し、尖閣事件のビデオ流出への関与を認めた海上保安官について、「国家の規律を守れないというのは間違っている」と批判した。保安官を擁護する声があることについて、谷垣氏は二・二六事件を引き合いに出し、「若い純粋な気持ちを大事にしなくてはと言っていたが、最後はコントロールできなくなった」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中