民放連会長 「ネット同時配信」に消極的

印刷

   日本民間放送連盟(民放連)の広瀬道貞会長(テレビ朝日顧問)は2010年11月19日、定例の記者会見で、テレビ番組のインターネットによる同時配信について困難との見方を示した。ネットで番組を送信した場合、配信サーバーなどの整備に大幅な投資が必要になるうえ、出演者らの許諾や著作権の処理も困難であることを理由に挙げた。

   テレビ番組のネット同時配信については、NHKの福地茂雄会長が10年11月4日の記者会見で前向きな姿勢を見せ、放送法の改正を総務省に求めていくといった発言をしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中