ホタテ漁船転覆で船長ら2人行方不明

印刷

   北海道石狩市浜益区、浜益漁港の沖合で2010年18日午後1時すぎ、石狩湾漁協浜益支所所属のホタテ漁船「第六十六総幸丸」(9・7t)が転覆しているのが発見された。小樽海上保安部の発表では、乗船していたとみられる石狩市浜益区、同船船長籾山(もみやま)糧志(りょうじ)さん(48)と加藤宏二さん(39)の行方が分からなくなっており、捜索しているという。

   当時、現場付近の天候は、北の風約3.1メートルだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中