2020年 10月 22日 (木)

松浦亜弥が脱アイドル路線 「あやや」から変身できるか

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

「嘘笑いが得意になって怖くなった」

   記事中で「あややって、松浦亜弥じゃ100%できなかったなって。あのひと(=あやや)っていつも笑ってきゃいけないし。だんだん『嘘笑い』が得意になってて。車が来たらよけるみたいに、カメラが来たら反射神経で勝手に口角が上がるんですよ。それがちょっと怖くなりました、自分で」と発言。かつての自分を「あのひと」と突き放し、アイドルを演じていたと告白した。

   これがファンにとっては裏切りと映ったようで「ショックだ」「演じてたことは知ってたけど、それは言っちゃダメでしょ」「インタビューを読んだらライブ行く気がなくなった」といった書き込みが寄せられた。

   松浦さんの話すとおり、最近の活動は以前のアイドル路線と大分違う。9月からはコットンクラブ(東京)や名古屋ブルーノートなどのライブレストランで、アイドル的な楽曲だけでなく大人の雰囲気の落ち着いたナンバーを披露。もはや脱「あやや」といった様相だ。

   10月にはJTの缶コーヒー「Roots」のCMで、布施明さんや石川さゆりさんらベテラン歌手と共演。「コーラスジャパン」というユニット名で同月にシングルもリリースしている。

   ハロープロジェクト関係者のmixiファンコミュニティ参加者数を見ると、後藤真希さんが約5000人、加護亜依さんが約4400人となっているのに対し、松浦さんは約2800人と大分少ない。アイドル路線を止めた影響か、かつての人気振りは伺えないが、「歌がより素敵になって 昔以上に大好きっ!」といった書き込みもあり、一部ファンには新しい松浦亜弥も受け入れられつつあるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中