2019年 1月 19日 (土)

「いいとも!」、「ひょうきん族」… バラエティ礎築いた横澤彪さん死去

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   元フジテレビ・ゼネラルプロデューサーで、「笑っていいとも!」「オレたちひょうきん族」など人気バラエティ番組を手がけた横澤彪(よこざわ・たけし)さんが2011年1月8日、亡くなっていたことがわかった。73歳だった。コント仕立てのドラマや他番組のパロディなど今あるバラエティ番組にも通じる「王道」を築いたのが横澤さんだった。

フジ「笑っていいとも!」の初代プロデューサー

お笑いとテレビ番組のことをいつも気にかけていた横澤彪さん(2008年撮影)
お笑いとテレビ番組のことをいつも気にかけていた横澤彪さん(2008年撮影)

   1962年にフジテレビに入社した横澤さんが注目されはじめたのは1980年、その後も定期的に続いた特番「THE MANZAI」を手がけたことから。番組からはツービート(ビートたけし、ビートきよし)や島田紳助・松本竜介らを輩出し、漫才ブームを仕掛けた。1981年には「オレたちひょうきん族」がスタート。コント仕立てのドラマや他番組のパロディなどハプニングありリアクションありの番組で成功し、約8年半続いた番組の平均視聴率は17.8%だったという。

   そして翌1982年にはじまったのが、お昼のバラエティ番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」だ。今なお続く超長寿番組の礎を築いたのも、初代プロデューサーの横澤さんによる部分が大きい。その後、1995年にフジテレビ退社してからは吉本興業役員として東京支社長、専務取締役も歴任した。

   ところが2006年、医師から悪性リンパ腫を告げられ、一時は入院し抗がん剤の治療も経験。ここ1年ほどは定期的な治療に通っていたが、無理はできないとはいえ日常生活に大きな支障はなく、年明け後も人と合って比較的元気そうだったという。だが、亡くなる前日に肺炎をこじらせ、そのまま帰らぬ人となってしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中