2018年 10月 16日 (火)

在日中国人が日本で1円玉収集? 中国メディア「でたらめ」と反論

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   中国人がアルミニウムを調達するために、日本の1円玉を集めているというウワサがある――。日本の週刊誌が書いたこんな記事に、中国の新聞がかみつき、「でたらめだ」と反論している。

   「中国が『抗日運動』で1円玉を集めているとのウワサ」という記事が、2011年1月29日、雑誌『週刊プレイボーイ』(集英社)のウェブ版「週プレNews」に掲載された。

中国人がレジで1円玉要求?

   記事によると、北京五輪や上海万博関連の建築ラッシュ、社会インフラの整備などで大規模経済政策を推し進める中国では現在アルミニウム不足が課題となっている。この問題を解決するため、日本に滞在する一部の中国人が買い物のお釣りや両替で1円玉を収集し、中国に持ち帰っているという話があるのだという。

   しかも、1円玉は日本の通貨の中では一番原価率が高く、1枚作るのに約3円もコストがかかるという。1円玉を作れば作るほど赤字が増えることになる。「1円玉作戦」はアルミ資源を手に入れながら相手国を苦しめる高度な作戦だとしている。

   中国人がレジで「この1円玉、全部売ってください」と交渉するという噂もあるとし、「近い将来、日本から1円玉が消滅する日が来るかもしれない?」と結んでいる。

   この記事は2ちゃんねるで話題になり、「中国ならやりそうで怖い」「都市伝説だろ」「アルミ缶集めた方がいいんじゃない?」といった書き込みが寄せられた。中国でも環球時報(電子版)が1月31日付けで取り上げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...