2021年 2月 25日 (木)

AKB歌声の録音も流していた! 「口パク」そのものは否定

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   テレ朝系「ミュージックステーション」で新曲を披露したAKB48が、歌わずに音声だけ流す「口パク」だったのではと波紋を呼んでいる。AKBの運営側は、それを否定したが、劇場公演では、声に歌の録音をかぶせていることは認めた。

   「口パク」疑惑が出たのは、2011年2月18日夕放送のミュージックステーションだ。

Mステの新曲披露で口パク疑惑に

ツイッターの話題でも上位独占
ツイッターの話題でも上位独占

   AKB48の主要メンバー16人が生出演し、ミリオンヒット目前という新曲「桜の木になろう」をステージで披露。しかし、その直後からネット上では、音声に口の動きが合っていない、鼻息が一切入らずに不自然だ、といった声が次々に上がった。

   ヤフー知恵袋ではこの日夜、「口パクまるわかり」という指摘が出て、80件以上もの議論が噴出している。

   高校生男子というブロガーは、AKB48劇場の戸賀崎智信支配人に口パクをただすメッセージを送り、その返信が来たとして文面をそのまま載せて話題になった。文面では、よくその指摘があるとして、生歌を披露できるよう努力するとなっている。つまり、戸賀崎支配人は、口パクを暗に認めたのではないかというのだ。

   そこで、戸賀崎支配人に取材すると、この返信文面は自らのものと認めたうえで、Mステでの口パクについてはこう話した。

「番組のときは同行していませんので、よく分かりません。しかし、歌っているふりをするということはしておらず、Mステの出演も口パクではないと思います」

   ただ、劇場公演では、声に歌の録音をかぶせることもあると明かした。

「100%生歌かというと、そうでないときもあります。大きなライブ会場などでは、マイクボリュームのバランスを考え、録音音声をかぶせていることがあるのは事実ですね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中