佐賀県、「輪番停電」負荷軽減のために帰省呼びかけ

印刷

   佐賀県は2011年3月13日夕方、東京電力・東北電力管内で電力供給が不足していることを受け、県出身で関東地区在住の学生に一時帰省の呼びかけを始めた。県出身者が使用する分の電力量を減らすことが狙い。ツイッターで古川康知事(@furukawayasushi)や危機管理・広報課(@saga_kouhou)が「支障がなければ、災害支援のために、一時帰省をお願いします」などと発言している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中