2018年 7月 19日 (木)

福島県内の宿泊キャンセル68万人

印刷

   福島第一原発の事故以降、福島県内の旅館・ホテルへの宿泊予約をキャンセルした客は延べ約68万人、金額にして74億円に上っていることが県旅館ホテル生活衛生同業組合の調査で4月25日わかった。組合は少なくとも秋まで新規予約が見込めないとみている。福島民報が報じた。

   4月17日に東電が原子炉安定までの工程表を発表、原子炉の安定に6~9か月かかると発表すると、解約は秋の行楽シーズンまで拡大した。観光客の予約はほぼなくなったという。

   いわき市の温泉地の旅館経営者は「放射能が怖いと言われた。今後、客は来るのか」と危機感をあらわにした。郡山市磐梯熱海温泉で旅館業を営む菅野豊理事長は「風評被害の補償は当然。国や県などに風評被害の沈静化に向けた支援を求める」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中