体操の塚原、今度は「豪州代表」で五輪目指す

印刷

   五輪体操の金メダリスト塚原直也選手が、2012年に開かれるロンドン五輪に「豪州代表」としての出場を目指すため、豪州国籍の取得を検討していることが2011年7月20日までに分かった。塚原選手本人が、豪州のメディアに語ったという。

   塚原選手は、1996年のアトランタ大会から3回連続で五輪に出場。2004年のアテネ五輪では男子団体総合金メダルを獲得した。父の光男氏は鉄棒で「月面宙返り」を編み出し、1968年のメキシコ五輪から3大会続けて金メダルを獲得している。

   お笑い芸人の猫ひろしさんも、マラソン競技に「カンボジア代表」としてロンドン五輪出場を目指し、現在カンボジア国籍の取得を申請している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中