2019年 9月 19日 (木)

ダース・ベイダーに台詞を追加 「スター・ウォーズ」ブルーレイ版にファンが激怒

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   映画「スター・ウォーズ」シリーズのブルーレイ版で、ダース・ベイダーに新しい台詞が追加されたことが明らかになり、ファンが激怒。海外のネットユーザーを中心に炎上状態になっている。

   スター・ウォーズシリーズは、1977年に第1作が公開され、その後計6作品が作られた宇宙叙事詩。77年から83年に作られたいわゆる「旧三部作」は以前も特別篇として、最新特撮技術を使って再編集されたことがあったが、2011年9月16日、再び手を加えたブルーレイ版が発売される。

「Noooo!!」と叫びながら皇帝放り投げる

   問題となっているのは、壮大なストーリーの完結編となる「エピソード6 ジェダイの帰還」の最終局面。強力なフォースでルークを苦しめる皇帝パルパティーンを、ダース・ベイダーが担ぎ上げて放り投げるシーンだ。

   オリジナル版ではダース・ベイダーは終始無言なものの、今回のブルーレイ版では「NO」という台詞が新たに追加された。発売日前に流出したとされる動画が既にYouTube上に上がっていて、正確には「No! Noooo!!」と叫びながら放り投げている。

   これがファンにとってはかなり重大なことだったようだ。動画は100万回以上再生され、世界中から沢山のコメントが寄せられた。

   「Noooo! だって。正気なの?」「これは悪い編集だ。ベイダーが皇帝を掴んで殺してしまうという、びっくりするポイントを、『NO』という言葉が台無しにしてしまっている」と酷評するものがほとんどだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中